miamilakesrealestate.net

Tシャツの襟首をよれないようにする生活の技

食の安全を考えた生活も大切なことです 夏になると着ることが多くなるのがTシャツです。夏だけでなく他の洋服と合わせたりすることで別の季節にも着ることができます。デザインを好んで選ぶこともあれば機能を選ぶこともあります。非常に着やすい洋服ですがその分生地が弱めのことがあります。カッターシャツなどはある程度形状が同じのままですがTシャツの場合はすぐによれてしまいます。襟首が伸びきることもあります。

Tシャツをよく着る人は生活の必需品になります。できるだけ長く形のよい状態で着続けたいでしょう。なぜ洗濯をするとよれてしまうかですが、水流によっていろいろと引っ張られるからです。ただ水の中で回っているだけのように見えますが一方向に回るだけではありません。複雑な水流であるほど汚れは取れますが服に対する負担は大きくなります。

Tシャツをそのまま洗うと襟首のところが引っ張られたりするので伸びてしまう場合があります。それを防ぐには輪ゴムなどで襟首、袖口などを留めておきます。すると水流に引っ張られたりすることがなくなります。形をキープしたまま洗うことができます。干すときも伸ばしたくないならハンガーにかけるのではなく服の真ん中あたりで干します。すると襟首が伸びるのを防ぐことができます。

Copyright (C)2019食の安全を考えた生活も大切なことです.All rights reserved.